FXの基礎知識Basic knowledge

 FXとは

FXとは、「Foreign Exchange」の略称で、もともとは「外国為替取引」という意味になります。
最近は、「外国為替証拠金取引」という意味で使う方が一般的となってきています。では、「外国為替取引」や「外国為替証拠金取引」とはどういうものでしょうか。

外国為替取引 海外旅行をする場合、皆さんは手持ちの日本円を銀行で行く先の国の通貨に両替をすることと思います。
アメリカに行く際に、日本円→米ドルに両替をすること、これが外国為替取引です。
例えば、現在1ドル=100円と仮定します。1,000ドル必要だとすると、「100円×1,000ドル」で10万円が必要になります。※手数料は考慮していません。
つまり10万円を1,000ドルに両替することは、10万円で1,000ドルを買うことと同じです。通貨の両替では、その対象も対価も“お金”である以外、実は物品の売買と変わらないのです。FXも基本はこの“通貨の売買”となり、この「外国為替取引」を「証拠金」で行う取引が、FX(「外国為替証拠金取引」)となります。
通貨の売買

 FX(「外国為替証拠金取引」)の基本

1. 少ない資金で取引が可能 では、“FX(外国為替証拠金取引)”とはどういう取引なのでしょうか。

FX(外国為替証拠金取引)とは、外国為替取引を「証拠金」で行う取引です。「証拠金」とは、取引を行う際に相手方に預け入れる「担保金」のようなものです。FXは、将来必ず決済(反対売買)することが約束された「差金決済」という決済方法を採用した取引です。そのため、総取引額の現金(キャッシュ)の受渡しは必要とされず、売買の損益の受渡しのみで取引が完結します。
例えば、ドル/円が1ドル=100円のときに1,000ドルの取引をするとします。本来であれば100円×1,000ドル=10万円がなければ1,000ドルを手に入れることはできません。
しかし、FXは差金決済を前提とした証拠金取引ですので、総取引額(10万円)の4%(個人口座)の証拠金を預け入れるだけで、1,000ドル分の取引を行うことができるのです。
もし、5,000円の損失が発生すれば、預けている証拠金から差し引かれます。逆に5,000円の利益が出た場合は預けている証拠金に加算されます。
証拠金で取引が出来るFXは、資金効率がよいため、レバレッジの効いた取引であると表現されることがあります。「レバレッジ○倍」というのは、「証拠金に対して総取引額が何倍か」を指しています。

レバレッジとは 「テコの原理」のことです。少額の資金でも大きな運用ができるため資金効率がよいというメリットがあります。
<例> 1万円の資金で米ドル/日本円が1ドル=100円の時、1,000ドルの取引
この場合のレバレッジは・・・

100円×1,000ドル=10万円(総取引額)
10万円÷1万円=10倍

となります。
FXならこのレバレッジを利用して、少額(数千円)から取引を始めることができます。
ただ、反面、レバレッジが大きくなると損失も大きくなるためリスクも増大します。
(お取引される通貨ペアによって証拠金額は異なります。)

通貨の売買


2. 24時間取引が可能 FX(外国為替証拠金取引)では、取引を行う場所や建物を特定する「取引所」が存在しません。(一部の取引を除く)
外国為替取引は、電話やインターネットを利用して、「買いたい人」と「売りたい人」それぞれが個々に取引を成立させる方法が主流になっています。このような取引形態を「相対取引」といいます。
同時刻、同通貨ペアの取引であっても、その成立価格は個々の取引によって違っています。そのため、為替レートは取引会社によって異なることがあります。
また、電話やインターネットを利用して全世界がひとつのマーケットを形成しているため、どこかの国または地域で取引をしている限り、いつでも取引に参加することが可能です。したがって、外国為替は土曜日、日曜日と1月1日以外の日は基本的に常に取引が継続されており、それに準じてFXも24時間取引ができます。
※取引システムのメンテナンス時間は取引ができませんのでご注意ください。

24時間取引可能


3. 為替差益を狙う FX(外国為替証拠金取引)の最大の収益チャンスは、価格変動による為替差益を狙う取引です。ポイントは、取引する通貨ペアの価格を「安く買う」、「高く売る」です。これは株式投資などと基本は同じです。
例えば、「これからドルは値上がりする(ドル高・円安)」と見込んで、1ドル=100円の時に1,000ドル買うとします。その後、見込みどおり値上がりし、1ドル=105円になったので、売る(決済する)とすると…

(105円-100円)×1,000ドル=5,000円

5円値上がりしたことで、差し引き5,000円分の為替差益を得ることができました。
では、反対に「ドルはこれから値下がりする」と考えられるときはどうでしょうか。
FXの取引では、将来の値下がりを狙って売りからでも取引を始めることができます。1ドル=105円の時に売って、見込みどおり値下がりし、1ドル=100円のときに買い戻すと、買いから始めて売り決済を行ったときと同様に、5円の値下がりで1,000ドルあたり5,000円の為替差益を得ることができます。
このように、売りからでも買いからでも、

(売ったときの価格-買ったときの価格)×取引量

で損益を計算することができます。
※手数料等は考慮していません。
※自分の見込みと反対方向に価格が動いた場合は為替差損となりますのでご注意ください。

為替差益を狙う


4. スワップ金利 FXには、価格変動による為替差益の他に、もうひとつ大きな収益チャンスがあります。「スワップ金利」による収益です。

スワップ金利とは、取引通貨間の金利差を意味するものです。より高金利の通貨を買って、低金利の通貨を売った場合に、そのポジションを翌営業日に持ち越す(ロールオーバー)ことで受取りとして発生します。
例えば、2014年7月1日現在において、高金利通貨として人気のオーストラリアドルを買って、円を売る(=オーストラリアドル/円の買い)取引をした場合、スワップ金利の受取りが発生します。逆に、オーストラリアドルを売って、円を買う(=オーストラリアドル/円の売り)取引をした場合には、スワップ金利の支払いが発生します。

スワップ金利はロールオーバーしたポジション(翌日以降に持ち越したポジション)に対して発生します。

スワップ金利

※当日中に売買を完結させた場合(デイトレード)は、発生しません。また、スワップ金利は固定値ではなく、金利や相場の状況等により増減しますので、予めご留意ください。
※一部通貨ペアの場合、取扱量が少なく調達コストがかかるため、売・買どちらのポジションで持ち越しても、スワップ金利が支払いになることがあります。
※スワップ金利の日数計算について、日本・海外の休日の組み合わせにより付与日数が変則的となる場合があります(建玉日数と付与日数は同一ではありません)。


5. 為替レート TVのニュース番組で為替レートについて、よく「1ドル100円20銭から25銭で取引されています。」と聞きます。
これは、1ドルをいくらで売れるか、買えるかを表しています。

為替レートの見方

為替レートの見方

FXの取引では、価格の高い方が買値(ASK)、安い方が売値(BID)となります。
また、売値(BID)と買値(ASK)の差をスプレッドといいます。