• ホーム
  • 反社会的勢力との関係遮断及びマネー・ローンダリング等防止に関する基本方針

反社会的勢力との関係遮断及びマネー・ローンダリング等防止に関する基本方針

株式会社アリーナ・エフエックス(以下、「当社」といいます。)は、金融商品取引業者として、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人である反社会的勢力による被害を防止するため、また、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与(以下、「マネー・ローンダリング等」といいます。)等組織犯罪等を防止するために次の基本方針を宣言します。

  • 当社は、取引関係はもとより、マネー・ローンダリング等も含めた反社会的勢力との一切の関係を遮断します。
  • 当社は、反社会的勢力による被害を防止するため、また、マネー・ローンダリング等組織犯罪等を防止するため組織全体として対応します。
  • 当社は、反社会的勢力による不当要求に対応する従業員の安全を確保します。
  • 当社は、すでに当社と取引している方が反社会的勢力であることが判明した場合、或いは、マネー・ローンダリング等の組織犯罪等に関係していることが判明した場合は、取引の解消に向けた適切な措置をすみやかに講じます。
  • 当社は、反社会的勢力への資金提供は一切行いません。
  • 当社は、反社会的勢力からの不当要求には一切応じません。反社会的勢力による不当要求が認められた場合には、民事上もしくは刑事上の法的対応を行います。
  • 当社は、反社会的勢力の排除及びマネー・ローンダリング等防止に関し、平素より警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等関係外部機関と緊密な連携関係を構築してまいります。

以 上